イラストの描き方 2

◎ 描き方Top ◎ ◎ Home ◎

ページ目次

<<前ページ 次ページ>>

線画
下塗り

線画

 線画では、ラフに正式な線を引いていく作業を解説します。

薄い部分:トップイラストのサイズ、濃い部分:壁紙のサイズ、ラフに線を入れていく 分かりやすいように、ラフのレイヤーの透明度を薄くして作業しています。
 顔が斜め向きでは描きにくいので、一旦まっすぐに回転させて線をいれました。 現実の作業なら、紙をくるっと回すだけなのに、パソコン上だとちょっと面倒。回転させると、線が少しだけイメージとは違ってしまうし。ここがデジタルの弱みだとあたしは思います。

 顔はラフの段階でイメージが決まっていた部分です。それに近づくように何度も、気に入るまで線を引き直しました。
 このとき顔と髪の毛のレイヤーを分けて描きました。こうすると後で線の修正が便利です。

線の強弱 線は、強弱をつけます。太さで表現できることは色々あるので、使用しない手はありませんよね。強弱はなんとなくつけただけでも、画面に変化がつきます。メリハリがあるように見え、うまいような感じに見せられるとおもうのです。

薄い部分:トップイラストのサイズ、濃い部分:壁紙のサイズ、体までの線画 体もかいてみました。
 体も服と肉体のレイヤーを分けてみました。

服と体の線の太さの差 ここでも線の太さ、強弱に気を使いました。
 特に服は、体より一回り太い線を引いています。体が服の中にあるように見える気がするからです。
 洋服は大まかに決めていますが、細かい区切りや模様等はまだ考え段階でした。

薄い部分:トップイラストのサイズ、濃い部分:壁紙のサイズ、線画完成
 線画の出来上がりです。
 線画に使用したレイヤーを統合しました。
 イラストは完成すると、上画像のサイズになります。
ラフ 比較用のラフです。

作業時間:2時間弱
 
上部メニューへ

下塗り

 下塗りはすべてのパーツに基本の色を入れる作業です。色ごとにレイヤーを分けます。

薄い部分:トップイラストのサイズ、濃い部分:壁紙のサイズ,肌の下塗り 肌を塗ってみました。
 肌レイヤーの上に髪レイヤーをのせるので、髪部分には はみ出てもオーケー。

薄い部分:トップイラストのサイズ、濃い部分:壁紙のサイズ,肌、髪の下塗り 髪を塗りました。
 塗り残し、はみ出しの無いように、拡大してチェックしつつ作業を進めます。
 ……どうせ縮小しちゃうので、細かい部分は大して分からないような気もします。とても奇麗に絵を描きたいとき以外は、そんなに気を使わなくてもかまわないかもですね。

薄い部分:トップイラストのサイズ、濃い部分:下塗り 全部塗ってみたところです。

 今回はお色気絵なので、肌を美しく見せようと考えています。美しく…白い、という連想で、白く見せるための色を塗ってみました。赤くて、明度の高い色を使うと、肌が白く見えるのです。
 目は最後に、色のバランスを見ながら描きます。なので今は塗っていません。
元になる絵があるモチーフな上に、今回は色のイメージも決めていたのであまり苦労せずにこの作業を終えられました。

作業時間:10分くらい
 
上部メニューへ


<<前 次>>

◎ 描き方Top ◎ ◎ Home ◎

漫絵家[http://fumiri.com/m/] 2005.09.27より ふみり(Fumiri)

- Page End -